追記

(元)駒得少年の冒険

rating
(GPS将棋開発参加記録)
2004|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|04|05|06|07|08|09|10|
2007|02|04|05|08|10|11|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2011|01|03|04|05|06|07|11|12|
2012|01|03|04|05|07|08|11|12|
2013|02|03|04|05|08|09|
2014|03|11|
2015|02|03|05|08|09|

2015-09-10

_ Bonanza6 GPS将棋の話題はありませんが、Bonanza6で評価関数の学習の実験している方は、パッチ http://www.geocities.jp/bonanza_shogi/patch_20150910.diff が出ていますので、情報共有まで。


2015-08-28

_ 参考資料として、2015年CSA選手権での、会場・駒場間の通信遅延状況のファイルをGPS将棋のページの添付ファイルにおいておきます。プログラム間の時刻の比較なので、遅延には様々な要因を含みます。(GPS将棋チームで管理していた部分は、全局を通じて条件はほぼ一定のはずです)


2015-05-05

_ 世界コンピュータ将棋選手権にGPS将棋も出場し結果は5位でした。評価値と読み筋などは、GPS将棋のページにまとめられています。(金子は何年かぶりに現地不参加でした)


2015-03-18

_ メモ: そのうち(いつかわからないけれど)、floodgateの棋譜でも試しましょう。

@incollection{,title = {TrueSkill Through Time: Revisiting the History of Chess},
author = {Pierre Dangauthier and Ralf Herbrich and Minka, Tom and Thore Graepel},
booktitle = {Advances in Neural Information Processing Systems 20},
editor = {J.C. Platt and D. Koller and Y. Singer and S.T. Roweis},
pages = {337--344},
year = {2008},
publisher = {Curran Associates, Inc.},
url = {http://papers.nips.cc/paper/3331-trueskill-through-time-revisiting-the-history-of-chess.pdf}
}

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ うさぴょんの育ての親 [http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/floodgate.html の [参加する..]


2015-02-21

_ 情報処理の記事から読むコンピュータ将棋の進歩

情報処理学会の会誌「情報処理」に掲載された、コンピュータ将棋またはゲーム情報学の記事をまとめてみました。掲載から二年経過したものはオープンアクセスになっているようです。



  1. うさぴょんの育ての親 (05-03)
  2. 金子 (01-02)
  3. 鈴木雅博 (12-27)